カテゴリ:思うこと( 29 )

先月に続いて再び帰省してきました

今回は中高の友人たちと会うことに
ジラソーレでランチ  「そろそろお時間ですが~」と追い出されるまで居座って   笑

学生の頃の事や それぞれの今 それぞれの旅先でのハプニング などなど、、、

同級生って何故話が尽きないのでしょう・・・
カメラを向ける時間さえ忘れるほど

季節柄お土産代わりにガラスのカボチャ 如何な物かと恐る恐る出してみたら
思いのほか喜んでもらって  嬉しかったな~

あっという間の時間 最後に記念写真だけは撮ったけれど
さすがにそれはココには出せませぬ。。。
改めて みんな変わってないな~~


なので  一ヶ月ぶりの従妹の末っ子旬平君の成長過程を、、、
b0244372_14202263.jpg

前歯が抜けちゃってますますオチャラケに (北九州ではオトンピンといいます)
思わず我家の次男の子供の頃を思い出しました

叔母にも約束のペンダントライト そしてカボチャ
早速飾ってくれました
b0244372_14252791.jpg

自分をチョットだけリセットできる 帰る場所があって シアワセだな~。。。
初めてフランスを訪れた時 地方で出逢った
想い出の品
b0244372_205313.jpg

数年たって今回パリで出会いました
色違いに
b0244372_2061445.jpg

あの頃の想い出と今 改めて向き合えた気が
b0244372_2094861.jpg



いろんな事があって
時間が経ち
あの頃とはいろんな事が変わって  今


今回はモンサンミッシェルで白ワインを買ってきました
b0244372_2013724.jpg



あの時の約束
覚えていますか
ワタシにとっては 大切な時間でしたよ
友人に誘われて久々の三人姉妹集合

友人宅へおよばれ
b0244372_19154974.jpg

手作りパンと
b0244372_191693.jpg

ご主人手作りのグラタン   会話が止まりません
b0244372_19162374.jpg

庭の花たちがディスプレイされていて
b0244372_1927163.jpg

いつも暖かく迎えてくれる
b0244372_19272660.jpg

ついつい時間を忘れてしまいます
ガラス好きな友人たちとステキな体験に行ってきました
初心に戻っての体験
b0244372_1461530.jpg

本物のロンデルと すばらしいガラスを使って
b0244372_14245990.jpg

それぞれの選んだガラスでパネルを
b0244372_1431099.jpg

憧れの先生に 基本的なこと ガラスの組み合わせのこと
b0244372_144279.jpg

いろんなお話を聞きながら
b0244372_14264098.jpg

目からウロコがいっぱい落ちました
b0244372_14225010.jpg

「これから 何が作りたいですか?」 先生からの質問に 
答えられなかった・・・
b0244372_147161.jpg

頭の中が スッカラカンに
今まで思いついたものを作ってただけのワタシ
b0244372_1410053.jpg

コレでいい??
何をしたらいい??
b0244372_1411210.jpg



今は、、、技術を磨きたい
そのほか  何も考えられない
b0244372_14234897.jpg


再び訪れたかった場所に、、、
b0244372_1419594.jpg

でも
以前よりもっと強く思いました
またこの場所に。。。
b0244372_14283956.jpg


興奮冷めやらぬ想いに 帰路に向かう夕陽がまぶしかったデス。。。
b0244372_14291559.jpg

吹っ切ったことが 再び、、、

そんな時 気の置けない友人と
b0244372_2011052.jpg

落ち着ける場所で
b0244372_20113745.jpg

何気ないいつもの会話と ランチ
b0244372_2012158.jpg

自分を取り戻せた
b0244372_20254090.jpg

雨が降るたび涼しくなっています

夏の終わりに 自分をリセットする場所へ
b0244372_1246945.jpg

扉の中に入ったとたん
b0244372_12462255.jpg

時間がストップ
b0244372_1247073.jpg

心惹かれるものが共通なのが心地いい
b0244372_1326014.jpg

ポリシーを崩さない  頑固さがいい
b0244372_1327565.jpg

言葉少なくても何時間でも居られる
b0244372_13262699.jpg

気が向いたら    またね。。。
今年はお盆に帰れないので
その前に母を連れて 父の納骨堂へ お掃除

久しぶり母と水入らず ローカル電車に乗って父の眠る場所へ

たわいのない話  子供たちの近況
b0244372_2128735.jpg

ふと母の手に目が行く 、、、       言葉が出なくなった
b0244372_21284051.jpg



日帰り里帰りはちょっと疲れた
何も考えること出来なくて 帰りくらいはちょっと飲んじゃって、、、
頭の中を音が流れて、、、
b0244372_21285974.jpg



母の手を 思い出していました。。。
今日は友人の誕生日
卒業して何十年  去年機会があって出会うことに
それまでほとんど連絡を取ることもなく
でも何故か彼女の誕生日は毎年 今日は、、、って覚えていたんです

去年の出会いでお互いアドレス交換して それ以来はご無沙汰で

そして今日 毎年思い出してたように今日も、、、

今年はショートメールで 「おめでとう」を送りました
そのあと 短いメールでのやり取り

ただそれだけのことでしたが
友人との繋がりに温かい気持ちになりました

同じ6月生まれ
大好きな紫陽花の季節
b0244372_21394026.jpg

10年以上思い続けていた紫陽花のスタンド
b0244372_21391840.jpg

思い切って 今日
b0244372_21421893.jpg

我家の部屋で灯っています
b0244372_21473866.jpg

カナダ アルバーター州エドモントンへ行ってきました
b0244372_13205539.jpg

息子の卒業式
語学留学から始まって ここでの大学生活の卒業
b0244372_13214993.jpg

小さい頃は天真爛漫だったのに
b0244372_13225537.jpg

成長すると共に人との関わり 生き方ににも不器用な息子
b0244372_1323175.jpg

何をするにも中途半端だった、、、 
ワタシの育て方が間違ってたのでは、、、と思うこともしばしば
b0244372_1324278.jpg

それでも この地で言葉の壁 考え方の違い
不器用な分不条理に思うこと いろいろあったようですが
随分と遠回りしたけれど  
約束どおり 「卒業」 成し遂げてくれました
b0244372_13245186.jpg

「出来ることなら親父とオカンに来て欲しい」、、、
主人と二人 この席に着いたとき 涙出そうでした  親バカですが、、、
b0244372_13251311.jpg

想像していたより遥かに厳粛で
日本と違ってこちらは入学することより卒業することのほうが遥かに難しい、、、
この場所に来てあらためて実感したことです
b0244372_1325475.jpg

以前のホームステイのママたちも駆けつけてくれました
b0244372_1327286.jpg


その夜は 彼がアルバイトで貯めたお金で
私たちとホームスティのママたち家族を食事に招待してくれました
仕送りの身分だけどコレだけは自分で、、、と その申し出に また涙出そうでした
彼を通してママたちとも随分打ち解けて シアワセな時間でした
b0244372_13595771.jpg


カナダにいる間言葉がままならないワタシタチの全てを常にフォローしてくれて
何から何までの気配り、、、
無事家に着いた時
  「時間はかかったけれど卒業という節目を親父とオカンに見てもらってよかった
   大学の学位をとるまでの間 絶え間ないサポート本当にありがとうございました」のメール
まだまだコレからが  ココからが始まりですが
一つの節目として
今回は大人になって初めて 褒めてあげることが出来ました。。。
巷では来月の「父の日」に関することが目に付くようになりました

就職した年に父が逝ってしまって以来
ワタシには父の日がどこか遠いものに感じていました
先日行きつけの本屋で長谷川町子の妹が綴った実話が書かれている本に出会いました
b0244372_2274748.jpg

昭和の家族の物語ですが今でも誰もが知っていて
お茶の間で愛され続けているサザエさん  
日曜夜6時半  我家ももれなく子供が小さい頃から
今夫婦二人の生活になっても 欠かせない時間です

子供の頃友達が読んでいたマーガレットなどのマンガは何故か買ってもらえなかったワタシ
でも ごくたまーに父が仕事帰り 「サザエさん」 や 「いじわるばあさん」 を
お土産に買ってきてくれていたのです
b0244372_228343.jpg

それが嬉しくて同じ本を何度も何度も・・・
b0244372_2224569.jpg

数少ない娯楽の本だったので何度も何度も繰り返し読んでいました

だから今テレビ見ていてもこの先は、、、って分かる時があるんです
  

自分の子供にも、、というよりワタシが欲しくて最近のサザエさんといじわるばあさん
今のモノを買ったことがありました
b0244372_22101091.jpg

もちろん今のものは色もキレイだし本の質も随分と良くなっていますが
b0244372_22105234.jpg

ワタシにとって「サザエさん」と「いじわるばあさん」は
ボロボロになったこれなんですよね・・・
b0244372_22255920.jpg


と同時に コレは父が与えてくれた大切なモノなんです
何故女の子が好きなあのマーガレットの本じゃダメだったのか、、、
父の本意が。。。
b0244372_22263583.jpg


父の日を向かえる今
「サザエさん」 から父のことを想う今日この頃です。。。